第9回 「古より交通の要衝であった近松ゆかりの街を歩く」(尼崎PartⅡ)

    平成30年12月1日(土)に第9回大阪あそ歩をご家族を含め18名で実施しました。当日は少し寒い日でしたが時折日差しもあり恵まれた天候の中での開催となりました。
    鉄道が開通する以前、京から西国へは淀川、神崎川を船で下り、神崎宿へ至りましたが、神崎の街並みは旧家が保存されていたりその雰囲気が残っていました。神崎からは有馬道を散策して近松公園にある近松記念館で文楽の歴史、床本など見学し、広済寺の近松の墓へ参り、尼崎駅近くで懇親会を開催し、楽しい一日を過ごしました。