第6回 「肥後橋から天満橋へ、大大阪の時代遺産を巡って」 ~広岡浅子、五代友厚たちが活躍した船場歩き~

    平成28年4月9日に京機カフェ大阪あそ歩を開催しました。
    連続テレビ小説「あさが来た」のヒロイン“広岡浅子”が活躍した少し前、昭和初期まで東京をしのぐ都市であった大阪は「大大阪」と呼ばれていました。
    今回は、14名の参加者で、彼女達が過ごした時代の息吹が感じられるスポット“船場”を中心に午前中かけて散策しました。その後、「がんこ とんかつ」にて昼食をいただき、解散となりました。

前の記事

第15回