鈴木(健)研究室同窓会(サヴァ・サヴァ会)報告

     1995年から2~3年ごとに開催しているCava-Cava会を2月18日に実施しました。今回は同窓会に先立ち、洛西にある故 鈴木健二郎先生・昭子夫人の御墓前にて、有志一同がめいめいに感謝の意と近況を伝えました。竹林に囲まれ、東山の山並みを遠景に市内を一望できるその場所から、往時と変わらず我々を温かく見守ってくださっています。
    本会は同日夕刻より京都仏光寺烏丸の「しゃぶしゃぶ寅太郎」にて開宴しました。韓国とシンガポールから元留学生も駆けつけ、同伴者含め総勢45名となりました。アイスブレイクとして企画されたひと言自己紹介では「おもろい大学」出身者にふさわしい馬鹿話の雨あられとなり、先輩後輩の世代を超えて一気に距離が縮まりました。すぐに席は乱れ散り、研究室時代の懐かしい話や不意につながった仕事の話などに、あちこちで花が咲きました。鈴木先生が我々に残してくださった同窓という大きな遺産に感謝しつつ、あっという間だった夢のような宴は琵琶湖周航の歌で締め括られました。

    記:勝本