燃焼研究室OB会のご報告

     平成28年11月19日(土)、京都駅近くのリーガロイヤルホテルにて「燃焼研OB会」が開催されました。残念ながら池上名誉教授(S33)がご体調の加減で欠席されましたが、39名出席の盛会になりました。
    燃焼研(S39卒以降の旧長尾研・池上研を含む)OB会は4年に1回オリンピックイヤーに開催されています。前回の平成24年は大津で開催され、懇親会の後ミシガン・クルーズを楽しみました。
    塩路教授(S50)の司会・挨拶、川合OB会長(S45)発声の乾杯のあと情報交換や思い出話に花が咲きました。
    約2時間の歓談の後、徳島から出席の三輪 惠先生から「今ここに長尾研時代から池上研、塩路・石山研までのおよそ50年間の卒業生が一緒に集まっていることは内燃機関の繋がりです。これは誇りうることであり、やっぱり内燃機関は不滅である証拠です。」との挨拶でお開きとなり、次回2020年(H32年)の東京オリンピックの年の再会を期して別れました。
    その後、有志は紅葉がきれいな東寺を訪れ、新都ホテルで二次会をしました。

    記:藤川

前の記事

第7回