関西支部:京機カフェ:第17回文楽鑑賞会のご案内 

  • 開催日:2022年07月30日
  • 開催時間:13:30~
  • 開催地:大阪府
  • 申込み お申込み
  • 締切:7月21日(木)

  • お問い合わせ先:並木宏徳(昭和44年卒)
  • メール:お問い合わせ
  • 詳細

    国立文楽劇場において人形浄瑠璃・文楽の「夏休み特別公演 第二部 名作劇場」を鑑賞します。

    日 時 2022年7月30日(土) 13:30開演
    会 場 国立文楽劇場 
    大阪市中央区日本橋1-12-10 Tel 06-6212-2531
    地下鉄堺筋線日本橋駅7番出口 徒歩1分。
    ( エレベ-タ-ご利用の方は10号出口から )
    千日前通りに南面しています。
    懇親会:「焼鳥 祐」
    受 付 正面入り口付近で会費をいただきチケットをお渡ししますので、13:00までに受付を済ませて下さい。
    舞台上方には字幕が出ますし、イヤホンガイドの貸し出し(有料)もあります。また解説書は700円ですが、割引(50円)券を差し上げます。購入ご希望の方は受付け時にお申し出ください。
    演 目 「夏休み特別公演 第二部 名作劇場」通し狂言
    近松門左衛門作 心中天網島(しんじゅうてんのあみじま)
    人形浄瑠璃は歴史上のことに題材をとった時代物と、当時の現代劇である世話物、舞踏劇である景事に大別されるが、本作は世話物の傑作とされる。
    江戸時代には当時の現代劇として人気を博したのだが、昭和44年には、篠田正浩監督、紙屋治兵衛を二代目中村吉右衛門、小春・おさんを岩下志麻(二役)が演じてキネマ旬報邦画ベストワンを獲得しているように時代を越えた魅力を有する作品である。里中満智子のマンガ日本の古典でも取り上げられている。
    当日は午後1時30分開演で、「北新地河庄の段」、「天満紙屋内の段」、「道行名残の橋づくし」をお楽しみいただき5時終演予定です。
    会 費 <文楽観賞会>
    京機会員および同伴ご家族:4,800円 
    学生:3,800円
    <懇親会>
    京機会員および同伴ご家族:3,500円+飲み代 
    ●「焼鳥 祐」17:00~
    ●ちょっと穴場のお店です。希望者は事前にお知らせください。