第17回 サロン

  • 開催日:2005年09月30日
  • 開催時間:18:00~
  • 開催地:大阪府
  • 詳細

    場 所 ガーデンシティクラブ大阪(TEL 06-6343-7770)
    大阪市北区梅田2丁目 ハービスOSAKA 6階
    講 演 「わざの伝え方」いまむかし
    ~伝統技能の継承からナレッジマネジメントまで~塩瀬隆之 氏(1996年卒)
    博士(工学)
    京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻 助手
    ATRネットワーク情報学研究所 客員研究員併任
    講師からの
    コメント
     2007年問題を目前に、熟練者の技能・経験をいかにして組織資産として蓄積できるかが、企業力を推し量る一つの指標と見られている。データベース技術やモーションキャプチャなど、IT技術革新を背景に様々なツールが出揃うも、いまだ熟練者が見る世界とは程遠く、技能の技術化に完全に成功しているとは言いがたい。

    本講演では、伝統産業の職人らがそのわざを伝えてきた徒弟制度を振り返りながら、技能の拙速なコンピュータ化の行き詰まりを指摘し、今後期待されるナレッジマネジメントの目指すべき方向性とIT技術の利用方法について報告する。

前の記事

産学懇話会(第20回)