京機乙酉会(昭和20年卒業)例会報告

    開催日:平成13年10月27日(土)PM0:00~2:00
    会 場:ホテルグランヴィア京都 5階 千載の間(京都市下京区)
    参加者:谷口 浩、伊東 良太、奥平 俊介、坂田 修治、川崎 恒夫、宮下 稔、池上 達治、西八 條實、金多 信雄、角田 晴雄 以上10名(向かって左からの順)

     乙酉会は昭和50年に卒業30周年記念、昭和60年に卒業40周年記念と夫々例会を開き、以降略々2年に1回の割合でその年の10月末頃に開催されています。
    終戦直後の昭和20年9月に卒業した私共も今は80才に手が届く年となり、40名の卒業生も現在連絡が出来る人は22名となりました。この処、毎回出席者が減少する傾向にありますが、幸に今回も10名の出席を得ました。東京の方にも便利なように場所もJR京都駅のホテルグランヴィア京都に定め、食事も身体にやさしい和風会席で、久し振りの再会に心置きの無い会話の場を持つことが出来ました。話題は御多分に洩れず健康問題が多く、多年の実体験からの薀蓄の程が活発に披露され、各自大いに得る処があったように見受けられました。
    次回は平成15年の秋の予定であります。 当会では、例会の出欠の回答ハガキに各自の近況を記して頂き、その全コピーを出席者には例会開催までに、欠席者には会合後に例会経過報告を共にお送りすることにして情報交換を密にし喜んで頂いております。

    幹事:谷口 浩、角田 晴雄
    記:西岡邦夫

前の記事

産学交流会(第7.8回)