京機カフェ:産業遺産探訪 

第5回報告
日 時 平成27年6月12日(金) 12:00〜15:00
会 場

大阪倶楽部
〒541-0042 大阪市中央区今橋4-4-11 Tel:06-6231-8361

次 第 講演 森口透氏(天野到氏)
森口透氏を囲むアフタランチョンの座談会
参加者 14名
 アフタランチョンの座談会のスタイルで、文学作品に結晶した追憶の産業遺産を探訪することを企図した第5回産業遺産探訪は、6月12日(金)12時より今橋四丁目大阪倶楽部で開催され、講師・幹事を含め14名が参加した。朝には重く覆さっていた梅雨雲も、午後には消え去り青空となった。
 天野到氏(1965年卒)が昨年12回にわたって「粉体技術」誌に連載された「北オハイオの寒い風―ある日米特許係争の記録―」が題材になった。これは1980年代、神戸製鋼がアメリカへタイヤ加硫プレスを輸出しようとした時、アメリカの同業会社が、受注阻止の一環として仕掛けた特許訴訟に、当事者として関わった経験をもとに創作された小説である。天野氏は「森口透」のペンネームで執筆されている。
(小説の全文は右写真をクリックするとご覧いただけます。)
 昼食のコースが進み、コーヒータイムになった頃、天野氏が「小説を書き始めた経緯など」から話された。叶_戸製鋼所を定年になった後、大阪・梅田にある米国総領事館に、政治経済専門官として勤務を始めたが、神鋼時代に比べ自由になる時間がたいへんに増えた。夕方5時半以降と週末がほぼ完全に自分の時間になった。さらに日・米の祝日の両方が、休日となるおまけさえ付いた。
 この時間を使って何か趣味以上のことがしたいと思っていたところ、大阪文学学校のことを知り、1999年4月から同校に通学を始めた。それまで、司馬遼太郎、藤沢修平、井上靖などの小説は好きではあったが、文学にはあまり興味がなかったけれども、入学してから予想以上の刺激を受け、小説を書き始めることとなった。2004年から仲間と同人雑誌「あべの文学」を作って編集委員を勤め、大阪文学学校機関誌「樹林」とともに継続して発表の場所としている。2013年には小説集「イージス艦がやってくる」を編集工房ノアより上梓した。本書は当日の参加者全員に配られた。 
大阪文学学校は1955年、詩人小野十三郎氏らが創立、現在生徒数約450人、講師数20人余り、谷町六丁目に本拠があり、天野氏は講師もされている。卒業生からは、芥川賞、直木賞などの受賞者が輩出している。
 以上の天野氏の自己紹介のあと、いろんな立場からの発言が活発に行われた。参加者は、クラスメート、神戸製鋼OB、その他顔見知りの間なので、事件の内容、文学作品としての評価、日本とアメリカの企業社会、その他、遠慮の無い発言が続いた。
 文学作品が評価されるには、一般的にハッピーエンド、成功話でなく、悲劇のスタイルを取らなければならないとの暗黙の約束ごとがあるようである。この小説はある文学賞の最終候補になったが、めでたし・めでたしで終わり、物足りないとの理由で受賞には到らなかったそうである。
第4回報告
日 時 平成26年11月15日(土) 14:00〜17:00〜18:00
会 場

有形文化財・近代化産業遺産 大阪倶楽部会館

次 第 講演 「先達に導かれて技術史の世界を遍歴する」下間 頼一氏
下間先生を囲む談話会
コーヒーブレイク
懇親会 
参加者 談話会 12名  懇親会 11名
 下間先生は昭和25(1950)年佐々木研究室のご出身、本年88歳、米寿を訪問中のブータンで祝われた。5年間特別研究生で大学院に残られたあと、蒸気の菅原菅雄先生とほぼ同じ頃、関西大学工学部に移られた。若い頃から幅広く歴史や文化に興味を持っておられたが、大学院に「技術史特論」の講座を開設され、組織的に世界中から資料の収集と研究を重ねて来られた。本日はパワーポイントを使って、その薀蓄の一端をご披露いただいた。
1. はじめに、技術文化史を志した動機
2. 鉄道の標準ゲージ1435mmはローマ時代のチャリオットに始まる。その事跡をヨーロッパ、オリエント、北アフリカに広くfield surveyされた
3.アラビア湾クルーズ イタリアの観光船ルミノーザ号でペルシャ湾沿岸の諸都市を巡り、写真で産油国都市の近代化の様子を紹介された、船内では水墨画と煎茶手前を披露し日本文化の顕彰に勤められた
4.南アフリカの鉄道は日本・ニュージランドに先駆けて建設され、JR在来線と同じゲージで、鉄道網は密に発達している。南ア、ナミビア、ボツワナ、ザンビア、ジンバブエ5国の珍しい風景写真などを見せて戴いた
5.チューリヒのスイス連邦工科大学に留学時代入手されたルドルフ・ディーゼルの手記によると、ミュンヘン工科大学の恩師リンデ教授は低温工学の創始者で、ペナンに招かれ冷凍機の講演をしたとき、お土産に彼の地の山地民の発火ピストンを貰い、パイプの火付けに愛用されていた、これがディーゼルエンジンのアイディアの元という、戦時中にペナンに居られた方が入手された同様の現物が関大博物館にある
6.精神文化の衰えた現代を憂いて草された「現代の危機と史的観照」という文章を紹介された

懇親会:下間をシモツマと読むのは難しい、これは16世紀の石山本願寺の坊官を勤めた家柄で、先生は東本願寺の坊官の直系に当たられ、この関係のお付き合いも忙しい。こじんまりした懇親会は話が弾み、このような話まで出てきた。参加者もそれぞれの分野で経験を積まれた方達で、楽しく啓発される話題が次々と続いた。             
第3回報告
日 時 平成26年5月24日(土) 14:00〜18:30
会 場

今橋・大阪倶楽部(近代化産業遺産、有形文化財)3階3号室

テーマ 大正から昭和初期の産業遺産(社交クラブと飛行機)
次 第 講演:ジョージ・ケイリー卿:航空の父か
   ― 19世紀イギリス貴族の生活と固定翼の発明 ― 
   織田 剛氏(1990年卒、叶_戸製鋼所)
会館見学: (一社)大阪倶楽部 岸本局長ほか
懇親会:乾杯発声 小澤元京機会長(58年卒) 前大阪倶楽部理事長
参加者 28名
 
 年輩の方なら、終戦以前には飛行機が世間一般の広い話題になっていたことをご記憶に留めておられると思う。ゼロ戦、紫電改、ユンカース、ハインケルなどの言葉に特別の響きがある。昔の雰囲気を留める建物の中で、飛行機の話を聞こうというのが発案の原点にあった。多くの候補の中からこの二つを組み合わせた言い訳である。著名な航空工学の歴史家であるジョン・D・アンダーソンJr.の著書「飛行機技術の歴史」を翻訳、京都大学学術出版会より昨秋上梓された織田剛氏に、講演を快く引き受けていただけたのは幸いであった。氏は5年前にも同じ著者の「空気力学の歴史」を翻訳出版されている。両者合わせて、この分野の歴史をじっくりと味わいたい者にとって、良いガイドとなる書物である。

 織田氏はこの期間の飛行機の変遷を追うよりも、飛行機の原点である羽ばたきで無く固定翼で空を飛ぶという発想を、始めて具体化した19世紀のイギリス貴族の生活と研究を紹介された。初めて聞く話であったが、後のリリエンタール、ライト兄弟など有名な人々の先駆けとなったことが良く理解され、また、イギリス貴族の当時の生活と気分も良くわかった。 
 建物に求められるコンセプトが今とは異なった時代の建物の中を、目を凝らせて歩き回るのは興味深いことである。関東大震災直後に気鋭の設計家が腕をふるって作ったものにはいろいろと共感するところが多い。参加者それぞれに感想を持たれたことと推察する。

 千数百名の倶楽部メンバーは文系の人が多いが、前期に初めて京機会員の理事長が実現した。小澤前理事長は懇親会の始めにいろいろと倶楽部の活動の紹介をされた。業種や出身母体などに偏りが無く個人会員の活動参加を中心としている大阪倶楽部に、京機会会員がもっと多数加入いただくことも期待された。
 次回、第4回産業遺産探訪は、11月15日(土)14時より同じ大阪倶楽部で、下間頼一関西大学名誉教授のお話を聴く予定をしている。  
(小浜弘幸記)
テーマの詳しい解説(探訪目標解説)はこちらをクリックしてください。

第2回報告
日 時 平成25年6月20日(木) 13:00〜19:00
会 場

枚方市立旧田中家 鋳物民俗資料館
鴻池新田会所
懇親会:海席 よ志乃

参加者 17名(懇親会は16名)
 緑に囲まれた日本建築に降る雨は風情のうち、とも思いながらこの季節を選んだのだったが、見事に当ってしまった。今年は空梅雨とも心配されていたのが土砂降りの雨になり、それが上がった翌日も、しとしとと降る雨が続くなかでの見学会となった。
 鋳物民俗博物館は昭和40年代まで操業していた建物が、廃業の際枚方市に寄贈され、移築して昭和59年に開館したもので、元文4(1739)年の祈祷札が棟木に掛けられていたそうで、昔の状態を伝える国内唯一の鋳物場であり、昔の鋳込み作業の面影を伝える。開館時には歴史と技術の学者が集まってシンポジウムが開かれたので、いろいろの資料が集めて展示されている。
真継家という公家が室町から江戸の終わりまで鋳物師の中核にいて、免状などを交付していたそうで古文書が残る。上納金を納めて「禁裏御用」の札を立て、大きな鋳物を吹いていた様子が想像される。近隣の寺院には江戸時代にここで鋳造された釣鐘がかなり残っている。
 鴻池新田会所は、大和川付替えで干上がった新開池跡に、大阪今橋の両替商鴻池善右衛門の出資により開拓された、160町歩の新田の現地事務所として、宝永4(1704)年に作られたものである。本屋に足を踏み入れて、土間の広さ、梁をむき出しにした天井の高さ、梁の太さに眼を見張った。この建物の棟木に宝暦9(1759)年の棟札があったそうである。
昭和60(1985)年から10年をかけて解体修理し、江戸末期の盛時の姿に復元された。当初からこの農地は商品作物である木綿の生産に力を入れていたそうで、戦後の農地改革まで一貫して鴻池家の元で経営されていた。
 懇親会は会所と駅に近い日本料理店で開いた。畳席は老人のグループにはすこしきつかったが、酒の進むほどにいろいろと話題が広がった。       (小浜弘幸記)
テーマの詳しい解説(探訪目標解説)はこちらをクリックしてください。
第1回報告
日 時 平成24年9月15日(土) 14:00〜19:30
会 場

大阪・JR弁天町駅 交通科学博物館 
懇親会:「すし半」市岡店

探訪目標 1.京都大学 鉄道研究会 写真展2012
 
メインテーマ:街  一般テーマ:鉄道のある情景
2.栄光の名機
 
a.星型航空発動機 中島「誉」、ライト・サイクロン18
 b.国鉄蒸気機関車 D51.C62

参加者 17名(懇親会は16名)
 当日は休日でもあり、館内は親子連れで賑わっていた。鉄道写真展はエントランスロビーに14点、奥の企画展示室に42点出展されている。毎年9月に開かれ、今年のテーマは「街」である。テーマに沿ったものは約半数、他は「鉄道のある情景」で、最近の撮影から古いモノクロまでいろいろあり、精密なペン画が2点、水彩が1点ある。街の人波の中に特急電車が顔を覗かせている構図には驚いた。簡単には行けない外国の鉄道の写真も多い。もはや写真にしか残っていない風景もあり、時間空間を越えた鉄道の姿を十分に楽しんだ。
 星型発動機のライトサイクロン18は爆撃機B29の他、あの頃の大型旅客機にも広く使われていて、展示されていたものは1947年製であった。内部構造を見せるためにシリンダーを取り外してカットしてあるのでクランク室の様子が良く判る。問題の排気タービンは取り外してあるので想像で補足せねばならない。地中から掘り出された「誉」はケースが割れており、将に敗軍の悲哀を表しているようにも見えた。
 16:30参加登録を済ませた一同は2台の蒸気機関車C−62,D−51の前で記念写真を撮り、懇親会場に移動した。C−62は博物館創立50周年のゼッケンを付けている。楽しく会食懇談した帰り道に、にわか雨に見舞われたのが唯一残念なことであった。  (幹事:小浜弘幸、濱野清士、八尾正夫)
テーマの詳しい解説(探訪目標解説)はこちらをクリックしてください。