関東支部 MOT(技術経営)セミナーご報告


第9回

 第9回MOTセミナーは、3月27日(土)に、潟<fィカロイドの北野幸彦氏(S56)に「病院用ロボットの開発とその事業化−企業内起業−」と題してご講演頂きました。参加者は21名でした。
 ご講演では、実際のロボットの動画やロボット事業における講師の実体験を引用しながら企業内起業の過程やその課題を説明頂きました。若手には大いに刺激になったようで懇親会ではモチベーションを新たにしたといった声も聞こえました。

◆日時:平成28年3月26日(土)15:30〜17:30
◆場所:京都大学東京オフィス 
◆講師:北野 幸彦 様(株式会社メディカロイド)
◆題目:『病院用ロボットの開発とその事業化 −企業内起業−』


第8回
 
 第8回MOTセミナーは、8月1日(土)に、大阪電気通信大学理事長で、日立グローバルストレージテクノロジーズ等で社長を歴任された、成瀬 淳様(S43)に、「MOTについて考えること〜グローバル事業を成功に導くために〜」のテーマで開催しました。
 講演では、グローバル事業を成功に導くために必要になることを30代の技術者向けにお話頂いたほか、iPhone Miniの開発に関しApple創業者のスティーブ・ジョブズ氏と対話した際のエピソードを語っていただきました。非常に充実した内容をお聞きいただいた出席者からは、会場の都合で打ち切らなければならない程の質問が寄せられ、その後に開かれた懇親会でも、講師との談話に花を咲かせておりました。


◆日時:平成27年8月1日(土)15:30〜17:30
◆場所:京都大学東京オフィス 
◆講師:成瀬 淳 様大阪電気通信大学理事長
◆題目:『MOTについて考えること〜グローバル事業を成功に導くために〜


第7回

 第7回の本セミナーでは、株式会社クニエにて製造業分野を対象としたコンサルティング、調査分析、事業企画支援等に従事されている志田穣様にご講演頂きました。
 近年急速に注目度が高まっているIoTやビックデータのビジネスへの適用について、活用事例を交えながら詳しく解説して頂きました。
 質疑応答では若手だけでなく年配の方からも積極的に質問が出て大変盛り上がりました。

◆日時:平成27年2月21日(土)15:30〜17:30
◆場所:京都大学東京オフィス 
◆講師:志田 穣 様(株式会社クニエ)
◆題目:『ウェアラブル等IoTを活用した製造業の革新と進化』


第6回

 第6回の本セミナーでは、発明と知財の2領域で企業の育成や学会発表、著作発刊に取り組まれ、京都大学の「ものづくり論」でも教壇に立つ、TechnoProducer椛纒\取締役の楠浦崇央氏(H7)にお越し頂きました。「知財が事業をレバレッジする時代〜知識資本主義時代の技術経営の本質を学ぶ」と題した内容に参加者から多数の質問があり、非常に盛り上がりました。
 その後の懇親会では、楠浦氏を参加者が囲んで、より突っ込んだ質問や普段の業務ではできない議論を重ねながらも思い思いに交流を深め、大変有意義な会となりました。

◆日時:平成26年8月23日(土)16:00〜18:30
◆場所:京都大学東京オフィス 
◆講師:楠浦 崇央 様(TechnoProducer株式会社 代表取締役)
◆題目:『知財が事業をレバレッジする時代』
    − 知識資本主義時代の技術経営の本質を学ぶ 

第5回

 第5回の本セミナーでは、京機会関東支部支部長、旭化成椛纒\取締役社長の藤原健嗣様にご講演頂きました。
 当日は、大雪にも関わらず36名の京機会会員が参加され、御講演を真剣に聴講していました。質疑では若手から、「将来、経営の仕事をしたいと考えているが、30代40代の頃はどのような仕事をされていたか?」「事業提案をどのような視点で評価・認可されているのか?」というように、自身のキャリアプランや仕事に関係する質問が挙がり、1時間の質疑時間の最後まで多くの質問が寄せられました また懇親会でも、講師を囲んで様々な話題で盛り上がりました。

◆日時:平成26年2月15日(土)15:30〜19:45
◆場所:京都大学東京オフィス 
◆講師:藤原 健嗣 様(旭化成 代表取締役社長)(京機会関東支部 支部長)
◆題目:『昨日まで世界になかったものを』−旭化成の多角化戦略


第4回

 今回からは京機会会員、京大卒業生等で産業界、官庁、学会等で中心的に活躍しておられる方を講師として迎え、京機会会員が通常の業務環境で習得が難しい知識・思考の習得をすることにより、資質向上に貢献することを目的として開催していきます。
 今回はホットなテーマでもあり、若手からも多数の質問があり、非常に盛り上がりました。

◆日時:平成25年7月6日(土)17:30〜19:30
◆場所:京都大学東京オフィス 
◆講師:石崎 幸人 氏(四国電力(株) 常勤顧問)
◆講演:エネルギーの需給における原子力発電の役割と原子力発電の安全性の向上


第3回
 
 京都大学産官学連携本部と共催でMOTセミナーを開催しています。
 近年、エンジニアのキャリアアップは、シニアマネジメント職に就くだけでなく、社内起業プロジェクトのリード、専門性を生かした転職、自分のシーズを育てるための起業など、ますますその選択肢が拡大しています。今後、エンジニアはどのキャリアパスを選択するにも、MOT(Management of Technology: 技術経営)やイノベーションの知識が求められると思われます。
 そこで、京機会関東支部では、活躍するエンジニアに向けて「革新」・「技術」・「組織」をキーワードとしたMOTセミナーを2011度より開催しています。第1回(2011年6月)、第2回(2012年2月)につづき、第3回MOTセミナーを開催いたしました。

◆日時:平成24年10月6日(土) 15:30〜16:45
◆場所:京都大学東京オフィス 
◆講師:Woodside Capitals Partners 墨田 修作氏
◆講演:Sillicon Valley Innovation

第2回
 
 京都大学産官学連携本部と共催でMOTセミナーを開催しています。
 第2回目となる本セミナーでは、京大機械系のOBでもある麻生川先生に、麻生川先生のベンチャー起業の過程を、成功要因や失敗要因の分析を交えてご講演いただきました。
質疑では、競合他社との差別化の方法や各国のベンチャー育成制度などについて活発な意見交換がなされました。また、懇親会では留学に関する話題も多く、京大機械系OBの海外への関心の高さも感じられました。

◆日時:平成23年2月25日(土) 16:30〜20:00
◆場所:京都大学東京オフィス 参加人数:27名
◆講師:京都大学産官学連携本部准教授 麻生川静男氏
◆講演:社内ベンチャーサクセスストーリー

第1回
  
 若手エンジニアのキャリアアップを考えると、会社でシニアマネジメント職に就く、社内起業プロジェクトをリードする、専門性を生かして転職する、自分のシーズを育てるために起業する、等のさまざまな場面に直面すると思われます。どのキャリアパスを選択するにも、技術経営やイノベーションについての知識が必要となってくると思われます。
 今回、「革新」、「技術」、「組織」などをキーワードとしたMOTセミナーを平成23年6月11日(土)に日立金属高輪和彊館にて京都大学産官学連携本部のご協力を得て開催しました。シミック株式会社 代表取締役会長兼社長 中村和男氏の講演と質疑応答さらに講師と京都大学産官学連携センター 木谷哲夫教授を囲む懇親会を実施しました。
 京機会メンバー24名を中心に50名の参加者により有意義なセミナーとなりました。
 このセミナーは半期に1回を予定して、2年間で4回のコースで考えています。次回以降の皆様のご参加をお待ちしています。