京機会 会則

【第1条】
本会は京機会(京都大学機械系同窓会)と称する。
事務局を京都大学大学院工学研究科機械系工学専攻(京都市西京区京都大学桂 C3棟)に置く。
【第2条】
本会はその母体となる専攻と関連する研究の発展を図り、更に会員相互の親睦を図ることを以ってその目的とする。
【第3条】
本会は京都大学機械系工学教室・専攻及び関連教室・専攻・学科の出身者、教官・学生及び関係者を以って構成する。その詳細については内規に規定する。
【第4条】
会員は年会費(額は別に定める)を納入する。
【第5条】
次の役員を置く。
・会 長……………………………………1名
・副会長……………………………………若干名
・学年幹事…………・……………………若干名
・監 事……………………………………若干名
・幹 事……………………………………若干名

・顧 問……………………………………若干名
  〔第2項〕 会長および副会長は総会において選出する。
  〔第3項〕 その他の役員は会長が指名する。
  〔第4項〕 役員の任期は1年とする。但し、再任を妨げない。
〔第5項〕 会長が任期途中で職務を遂行できなくなるときは、副会長のうちから互選により会長代行を選任し、会長の職務を代行する。会長代行の任期は、会長が職務を遂行できなくなる時から次回以降の総会で新会長が選出されるまでの期間とする。
〔第6項〕 前項において、前会長の任期途中で選出された新会長の任期については、他の役員の終期を超えることはできない。但し、再任を妨げない。
【第6条】 本会に常設の運営委員会を置く。
【第7条】 本会に特別委員会を置くことができる。
【第8条】
本会は年度毎に以下の活動を行う。
・総会開催(1回以上)
・大会開催
・ニュースレター発行(1回以上)
・卒業生名簿発行(数年に1回)
・その他、本会の目的に沿う諸活動
【第9条】
国内外の地区毎に本会の支部を置くことができる。
【第10条】 本会に学生会を置くことができる。
【第11条】
本会則の改正は総会において行う。

付則
本会則は平成9年11月21日の総会において議決され、同日発効した。
平成13年4月14日第1回改正
【内規】
[改正経過]
第1回改正;平成13年4月14日
第5条 監事を3名とする[現行;2名] ; 関西・関東支部につづき中部・中四国支部の発足によって、本 会が本格的な活動に入る機会に、会計だけでなく活動内容の監査も強化するため、大学と企業から各   1名と会計士の会員を監事とする。
第6条 総会開催(1回以上)[現行;(1回)] ; 支部の承認など機動的な会の運営をするため、春季大 会だけでなく秋季大会にも総会を開催できるようにする。
 付則2   削除[現行 ; 平成年間、学部3回生進学時に会費を納入した会員については、第4条における会  費徴収に関して経過措置を講ずる。] ; 現在3回生で徴収しないため削除する。

第2回改正;平成15年6月21日
第5条 顧問を設置する ;会運営の助言あるいは援助を得るため、顧問を置くことができる。顧問の任 期は1年とし、再任は妨げない。

第3回改正;平成16年11月13日
第10条 本会に学生会(京機学生会)を置くことができる;本会と京都大学機械系学生との絆を強化す るため学生会を設置できるようにする。

第4回改正;平成17年6月18日
第3条 構成範囲は内規で規定する。;構成範囲の幅を広げるため加筆

第5回改正;平成17年11月12日
第3条 本会は京都大学機械系工学教室・専攻及び関連教室・専攻・学科の出身者・教員・学生及び関係者を以って構成する。その詳細については、内規に規定する。
;構成範囲の幅を広げるため、また明確にするため、加筆

第6回改正;平成18年5月19日
第6条 追加
第8,9,11条の番号変更 

第7回改正;平成21年11月28日
第1条 本会は京機会(京都大学機械系同窓会)と称する。;本会は京都大学機械系工学会(略称:京機会)と称する。
第8条 会員名簿発行;卒業生名簿

第8回改正;平成22年11月13日
第5条 監 事 3名を 若干名に変更

第9回改正;平成24年12月8日
第5条 評議員(年度別幹事)を 学年幹事に変更
第5条 第5項、第6項 追加

第10回改正;平成25年4月13日
第1条 専攻移転に合わせ、所在地住所を明記。