京機32会 同窓会報告

日時 : 平成19年9月26日、27日
場所 : ホテル・グランヴィア京都 
京都大学キャンパス
 昭和32年卒業の私たちは今年卒業50周年を迎えました。2年に1回多数の同伴夫人方とともに集まっていますが今年は卒業50周年と言う事で京都で盛大な同窓会を開きました。
 イベントは初日のホテル・グランヴィア京都における懇親会、2日目の大学キャンパスの見学会との盛り沢山なものでした。
残念ながら5名の物故者もあり、何人かの病気加療中などよんどころない事情の欠席者も出ましたが会員の出席率が良く、28名の会員と16名の奥様方が出席されました。

 会場のホテル・グランヴィア京都の設営に当たっては京機会S43年卒の平田さんにご紹介いただいた結果、宿泊を含めていろいろ特別なおもてなしを頂き、参加者一同大変感激しました。懇親会では美味しい京料理に舌鼓を打ちながら近況報告や如何に難病を克服しているかなど時の過ぎるのを忘れて歓談しました。最後は全員による恒例の琵琶湖周航の歌でお開き。
 翌日は松久先生を筆頭に大勢の先生方にお世話を頂き、まず機械系教室の振動音響研究室、CAD室(昔は製図板でしたが今はコンピュータ)、工作実習室、工作研究室などを見学。その後貸し切りバスにて昔の面影を探しながら宇治分校構内を見学、併せて黄檗山万福寺を拝観、普茶料理の昼食。その後再びバスに乗って桂キャンパスを訪問。時計塔に「歓迎京機32会」と大きく電飾で迎えて貰い、吉田、宇治とは全く違った広々したキャンパスに感慨を新たにしました。環境に与える海洋の影響を研究する大型流動研究設備の実働試験を見せていただき参加者一同大変感激しました。
 大学3キャンパスの見学に当たってはご多忙な先生方にお世話になるとともに、準備段階から先生方や事務当局との調整、当日のアテンドなど京機会事務局の段さんに大変お世話になり、有難うございました。
 50周年と言う事で大学や京機会に大変なご無理をお願いしましたが、お蔭様で参加者一同大変良い同窓会を楽しむことが出来て喜んでいます。
 此処にあらためてお世話になった先生、京機会の皆様にお礼申し上げます。

日時 : 平成17年9月28・29日
場所 : 静岡県下田市
 われわれ同期会は、従来から隔年で一泊旅行を行っており、今年は伊豆半島南端の下田に決定しました。 当初は9月初めに予定しておりましたが、台風14号の影響が懸念され、延期した結果比較的天候にも恵まれ二日目の29日には約2時間を掛け、徒歩で下田市観光協会のボランティアガイドの先導で主要な史跡・旧跡を具に見学できました。奥様方を含め参加者全員(28名)歓談に時を忘れ、旧交を温め、再会を期して、無事終了いたしました。(写真は9月28日、下田東急ホテルの庭園にて)
文責:鳥海千尋

 平成15年6月5日、2年に一度が恒例の同窓会を開催。
前回は横浜に遠出をしたが、今年は関西で趣向を変えて古都奈良を楽しむ企画。当日昼過ぎに集合、特別公開中の薬師寺の壁画(平山画伯)、唐招提寺の鑑真和上、襖絵(東山画伯)を拝観。奈良在住の福森幹事の世話でお願いしたボランティアの案内人や専門家顔負けの同窓生の懇切な説明があり、同行の夫人方にも大変好評。夕方、春日大社一の鳥居前の老舗料亭菊水楼で会員25名、同伴夫人16名が集まり、久しぶりに元気な顔を見せ合って、高級懐石料理を味わいながら、近況報告など久闊を叙し、遅くまで楽しい一夕を過ごした。その夜は奈良ホテルに宿泊、翌日思い思いに奈良京都を楽しんだ。次回は関東在住者の企画でまた元気に集まることを約束。出席された奥方達にも大変好評で、他の年度の方々にも是非ご夫人同伴の開催をおすすめしたいところです。
文責:坂戸

 11月15日に総勢35名で2年に一度が恒例の平成13年度同窓会をもった。今回は初めての企画として関東地方開催となり、関東在住の方々の一方ならぬご尽力のおかげで、横浜はベイブリッヂを眺めるランドマークタワーの会場で開催された。豪華な会場と横浜での会食はやっぱり中華の美味に舌鼓を打ちながら2年ぶりの旧交を温めた。夫婦同伴参加もすでに3回となり、奥方達もそれぞれ気心が知れて遠慮がなくなって来ており、楽しい一時を過ごすことが出来た。
 約3時間の本会合の後はランドマークタワーの最上階のラウンジに席を移し、カクテルを片手にしばしの歓談を楽しむ。 当夜はタワーの高層階の部屋にリーズナブルな値段で宿泊、翌朝富士山の朝焼けに感動。次回平成15年京都での再会を誓って名残惜しく別れを告げた。
文責:坂戸

【戻る】